オンライン英会話「SPTR(スパトレ)」のメリット・デメリット

Study-勉強
この記事は約4分で読めます。

SPTR(スパトレ)ユーザーのサルダブレです。

前の記事で、オンライン英会話のスクールの価格比較表を作り、安かったのでスパトレにまずは決めました。

まだ1か月半くらいしかやっていませんが、使ってみて感じたメリット・デメリットを書いてみます。

まずメリット・デメリットを箇条書きにし、その後に簡単にコメントを入れていきます。

早速、見ていきましょう。

スポンサーリンク

オンライン英会話「SPTR(スパトレ)」のデメリット

  1. 講師が少ない
  2. フリートークがほとんどない
  3. 流れが決まっているのでやや退屈するかも

講師が少ない

講師は50人いかないのではないしょうか。むしろ20、30人くらいな印象です。

ほとんどがフィリピン人で、まれに他の国の方がいるくらいです。

聞き取れないのは自分の問題でしょうけど、発音が聞き取りづらい人もいれば、聞き取りやすい人もいて、誰を選んだ方がいいのか毎回迷います。

私は、講師の自己紹介の動画を見て、聞き取りやすい発音の方を選んでいます(これだと上達しないのかな…)。初めのうちは、会話が成立することが大事かと思うので、まずはこれでいいとしましょう。

フリートークがほとんどない

話すテーマが決まっているので、雑談やフリートークはほとんどありません。

そして、フリートークというテーマもありません。

これはSPTR(スパトレ)の方針らしいです。

スパトレでは、第二言語習得論に基づき予習・復習を中心とした自律学習を必ず行っていただくことを前提としたトレーニングカリキュラムになっているためフリートークはありません。

https://spartraining.zendesk.com/hc/ja/articles/360051696133-フリートークはできますか?

代わりに、ディスカッションというのがあります。文章を読んで、それについてディスカッションをするという形の英会話です。

ある程度英会話ができて、もう少し自由に話したい人には、こっちの方がいいかもしれません。

流れが決まっているのでやや退屈するかも

スパトレでは、英文を一緒に読んだり、英作文の添削してもらった後の、質問項目が大体決まっているようです。

「この文章読んでどう思った」という質問が毎回の決まりです。

自由にやりたい人には、決まった型で何となく退屈してしまうかもしれません。

そう考えると、初中級者向けな気がします。

続いて、スパトレのメリットです。

スポンサーリンク

オンライン英会話「SPTR(スパトレ)」のメリット

  1. 安い
  2. 大体好きな時間に予約が取れる
  3. 大体、流れが決まっているので分かりやすい
  4. レッスン動画を録画してくれて、復習できる

安い

まずは安さです。

毎日英会話できて、毎月3000円はお得でしょう。

と言っても、私は週に2回くらいの頻度になっています。

なかなか、仕事帰りにやる気が起きなくて…。

ブログと一緒で、週末英会話です。

大体好きな時間に予約が取れる

講師の数は少ないのですが、私は大体好きな時間に予約が取れています。

やろうかなと思った30分後や1時間後には大体予約できています。

本当は、予習をすることが推奨されていますので、きっちり予習した方がいいのですが、それだとできないこともあるので、エイヤっと予約して、簡単に予習してという感じで使う時も多々あります。

ですので、実は予習もそこそこにレッスンを受けることは可能です。

大体、流れが決まっているので分かりやすい

デメリットで挙げた、退屈する理由でもありますが、初心者にはある程度の型があった方が安心できると思います。

こういう流れなんだと分かると、安心して取り組めます。

その中で、分からなかった単語や言い方を後で考えればいいのです。

レッスン動画を録画してくれて復習できる

スパトレでは、毎回の英会話レッスンを録画してくれて、レッスン後にその録画をいただけます。

録画を見て、「ここでこう言いたかったんだけど」という点を英語にしてみると勉強になると思います。

これで自然と復習できてしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

まだ有名なオンライン英会話ではないからか講師が少ないのですが、私はそれで困ったこともないですし、毎日英会話できる割に料金が安いですので、特に初心者や中級者におススメです。

まずは、お安く始めてみるのがいいと思います。

スパトレの7 日間の無料お試し英会話はこちらからどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました